MENU
特集
Tweet LINEで送る

知ってます?
知ってますか?
今、たちかわの
プロスポーツが
胸熱だってこと

現在、立川をホームタウンとして全国で活躍するプロスポーツチームは 5 チームあります。「TACHIKAWA DICE.EXE(立川ダイス)」「アルバルク東京」「東京ヴェントス」「東京ヴェルディビーチサッカー」「立川・府中アスレティック FC」各チームを代表する選手の皆さんに、競技の楽しみ方やチームと立川のつながりについてお話をうかがいました!

立川から世界を目指す!
地域から生まれた 3×3 のプロチーム
立川ダイス

TACHIKAWA DICE.EXE(たちかわ ダイス)は、立川商工会議所・立川市商店街連合会・立川観光協会・立川青年会議所といった市内経済団体で発起し、組織された地域密着の 3×3 プロスポーツチームです。国内トップリーグ「PREMIER.EXE」(プレミアエグゼ)に所属し、3 年目の 2018 年は男女共に世界大会への切符も手にしました!© 2018 3×3 EXE

立川は第二のふるさと
みなさんぜひ会場で会いましょう!

Luke Evans(ルーク・エヴァンス)選手

米・カリフォルニア州サンディエゴ出身。203cm の長身を活かしたダイナミックなプレーと正確なボールさばきで魅せるオールラウンダー。2018 年の日本選手権では献身的なプレーでチームを優勝に牽引、見事 MVP に輝いた立川ダイスの得点王です。試合と練習の合間に日本語を勉強しているそうです。

3×3 の魅力って?

なんといってもスピード感ですね。3×3 は 1 チーム 3 人、通常のバスケの半分のコートで戦うのですが、1 ゲーム 10 分の間、決してボールが止まらないので、常にスリリングな展開!観る人を飽きさせません。ストリートから生まれたスポーツならではの、音楽とファッションの融合といったエンターテインメントの要素も魅力です。

ホームゲームの楽しみ方

スポーツチームにとって、地元の声援をしっかり感じられるホームゲームは特別です。ららぽーと立川立飛は、小さな子どもから大人までたくさんの家族でにぎわっていて、自由にスポーツ観戦できる環境が魅力的。参加型のゲームなどイベントもいろいろあるので、みんなで一緒に盛り上がりましょう!

チームのここに期待!

立川ダイスは、スピード、テクニックともにリーグ最強のチーム。ゲームでは大迫力のダンクシュートも見てもらいたいですね。3×3 は 2020 東京オリンピックの正式競技種目になり、注目度 No.1 の「旬」なスポーツ。もちろん立川ダイスも、立川から世界に向けて羽ばたくためにチャレンジし続けます!ぜひ応援してください。

ルーク選手おすすめ!
立川のお店

MOTHERS 立川南口店に
行ってきました!

MOTHERS (マザーズ)立川南口店は、新鮮な野菜や魚介を使ったイタリアンが人気のレストラン。シックでおしゃれな空間とスタッフのホスピタリティが、さらに居心地の良い雰囲気を醸し出しています。

パスタは大盛りにして
もらうことが多いんだ

この日、ルーク選手がオーダーしたのは「サルシッチャ、とうもろこし、万願寺唐辛子のクリームソースパスタ」でした!5種類の中から選べるパスタ or リゾットに、サラダ、ドリンク、ドルチェが付いたランチメニューは 1,080 円(税込)。お店のスタッフのみなさんと!

電撃的なプレーで会場を沸かせる
赤と黒の精鋭バスケ集団
アルバルク東京

アラビア語で「電撃」という意味の「ALVARK(アルバルク」をチーム名に冠するア ルバルク東京。スピーディーかつアグレッシブなプレーで会場を熱狂させ、オーディエンスをとりこにします。新設されたアリーナ立川立飛でホームゲームを行った2017-18シーズンは、強い絆で結ばれた連携プレーで、2代目Bリーグ王者 に輝きました。バスケ熱が盛り上がる立川で、今後も地域に根ざしたチームを目指します。© ALVARK TOKYO

立川で一緒に
バスケを応援してね!

チームマスコット、ルーク

アルバルク東京のチームマスコット。チャームポイントはモフモフの真っ赤な毛並み。食いしん坊でのんびり屋さんの男の子です。バスケが大好きで、特技は誰とでもすぐにお友達になること。会場では、チアリーダーと一緒に「WEダンス」で盛り上げます。

© ALVARK TOKYO

田中大貴(たなか だいき)選手に注目!

日本代表としても活躍するエース選手。シーズン年間表彰では 2 年連続で「ベストファイブ」に選出されたほか、「 B.LEAGUE FINAL 2017-18」でMVPを獲得するなど、高い得点力でチームを優勝に導きました。スピーディーでキレのあるドリブルや3Pシュートは必見!

© ALVARK TOKYO

ホームゲームの楽しみ方

コートに入ってくる選手にハイタッチできる「ハイファイブ キッズ」や、お得なファンクラブに入ると抽選で参加できるサイン会は要チェック。ファンクラブの特典詳細はアルバルク 東京公式サイトをご覧ください。
https://www.alvark-tokyo.jp/fanclub/bonus2018-19/

© ALVARK TOKYO

チームのここに期待!

ルカ・パヴィチェヴィッチHC(ヘッドコーチ)の指揮のもとで 2 シーズン目を迎えるアルバルク東京。さらなる進化を遂げ、アグレッシブでスピード感あふれるプレーで初のリーグ戦2連覇を狙います!

© ALVARK TOKYO

ルークおすすめ!
コラボ応援ビール

無門庵のクラフトビールが
アルバルクを応援

無門庵のクラフトビールは地下 100 m の水脈から汲み上げた天然水を使ったビールです。黒バルクがコクのある『アンバ ーエール』、白バルクがさわやかな飲み口の『クリームエール』 です。白バルク、黒バルクのネーミングは、アルバルクファン から募集した名称の中から投票して決定されました。

© ALVARK TOKYO

アリーナ立川立飛で
開催される
ホームゲームにて
販売いたします。

多摩エリアを盛り上げる
自転車ロードレースのプロチーム
東京ヴェントス

東京ヴェントスは、サイクルフィールドの玄関口といわれる立川を拠点に活動する自転車競技のプロチームです。国内リーグの J プロツアーに参戦しトップを目指すとともに、キッズ自転車教室の開催や地域イベントへの参加など、自転車を通じた地域貢献への取り組みを積極に行っています。© Itaru Mitsui / all japan 1990

個人競技なのに実はチーム戦
ロードレースのおもしろさを
もっと広めたい!

内野直也(うちの なおや)選手

元全日本選手権チャンピオン。自転車競技の本場フランスで、4 年間戦ってきた実績を持つ選手です。2018 年より東京ヴェントスに移籍し、国内優勝を目指して精力的に活動中。

ロードレースの魅力とは?

なんといっても流れるようなスピード感ですね。80Km をだいたい 2 時間ぐらいで走るんですよ。それから、ロードレースはマラソンのように個人の順位が成績に反映される競技ですが、実はチーム戦。200Km のレース中には、フォーメーションや役割分担など、仲間を勝たせるための計算やさまざまな戦略が展開されている、そのあたりもレース観戦のおもしろさだと思います。

© Itaru Mitsui / all japan 1990

トレーニングと将来の夢

普段は次のレースの走行距離に合わせて同じ場所を反復練習することが多いのですが、景色の綺麗な場所や美味しい食べ物屋さんを目的地に設定して走ることも。車通りが少なくて緑が多い多摩エリアには、お気に入りの練習コースがいくつもありますよ。将来的に立川でツール・ド・フランスのような国際レースが開催されて、たくさんの人たちに観戦してもらえたら嬉しいですね。

内野選手おすすめ!
お気に入りパン

むぎこ製ぱん所
体に良いハード系のパンが好き

ソーセージが
ジューシーで美味しい!

今回内野選手が紹介してくださったのは、沖縄ハムの「しまうたウィンナー」とマスタードをバゲット生地に包んだむぎこ製ぱん所の「しまうた」と、自家製明太ソースをたっぷりはさんだ明太子フランス。「自転車レースはカロリーを大量に消費するスポーツなので、積極的にパンを食べる習慣があるんです」と内野選手。

しまうた 280 円(税込)明太子フランス 250 円(税込)

狙うは日本のクラブチーム初の世界一!
東京ヴェルディ ビーチサッカー

現日本代表キャプテンである茂怜羅(モレイラ)オズ選手を選手兼監督に迎え、2017 年 2 月にチームを設立。J リーグ東京ヴェルディのビーチサッカーチームとして立川市を本拠地に活動中です。2017 年の全国ビーチサッカー大会では初出場、初優勝を果たしました。日本代表選手が複数在籍する強豪チームです。© TOKYO VERDY BS

世界を目指して
「タチヒビーチ」で
トレーニングしています。
試合を観に来て下さい!

茂怜羅(モレイラ)オズ選手

ブラジル出身。後方からゲームを組み立て、どこからでもゴールを決める最高のフィクソ。監督としてもチームを牽引する。日本代表として出場した 2013 年ワールドカップでのシルバーボール(優秀選手賞)獲得をはじめ、ビーチサッカーワールドワイドが選ぶ世界ベスト 5 への 3 年連続の選出などその実力はワールドクラス。

ビーチサッカーの歴史

ブラジルが発祥の地と言われるビーチサッカー。現在はヨーロッパを中心に世界各地でプレーされており、ブラジル・スイス・ポルトガル・ロシアなどが強豪国とされています。2年に1度開催されるワールドカップでの日本の最高成績はベスト4。2018 年現在、日本は FIFA ランキング 9 位につけており、なでしこ JAPAN に続き、ワールドカップでの優勝が期待されています。

© TOKYO VERDY BS

サッカーとの違い

砂浜のピッチで、裸足でプレーします。コートの大きさは縦35 ~ 37m× 横 26 ~ 28m で、サッカーコートの 7 分の 1、フットサルトコートとほぼ同じくらい。ゲームは 12 分 ×3 ピリオドを、GK を含め 5 人対 5 人で戦います。基本的なルールは 11 人制のサッカーと変わりませんが、選手の交代回数に制限はないなどビーチサッカー独自のルールも。

© TOKYO VERDY BS

ビーチサッカーの魅力

オーバーヘッドキックなどアクロバティックな技がたくさん繰り出されるのが一番の魅力。攻守の展開が早く、スピード感のあるゲーム展開にきっと目が釘付けになりますよ。

© TOKYO VERDY BS

ビーチサッカーの試合を見に行こう!

ホームピッチの「タチヒビーチ」で、トレーニングマッチやイベントなどを不定期で開催しているそう。迫力あるプロのゲームや日本最高峰の技をぜひ間近で体感してみて。

© TOKYO VERDY BS

茂怜羅(モレイラ)オズ選手の
気になるスポット!

CINEMA TWO
極上の映画体験でリフレッシュ!

© TOKYO VERDY BS
ITʼS COOL !

立川でプレーするようになってまだ日が浅いオズ選手。気になるスポットとしてあげてくれたのは、良質のサウンドシステムとベテラン音響家による綿密な音響調整による「極上爆音 ( 極爆 )」、「極上音響 ( 極音 )」上映が人気の映画館「CINEMA TWO」。臨場感あふれる音響で楽しむ映画はひと味もふた味も違います。エンジョイ&リフレッシュ、間違いなし!です。

新生!立川・府中アスレ
地域に愛されるフットサルチームでありたい
立川・府中アスレティック FC

2018 年、ホームタウンとホームアリーナに立川が新たに加わり、活動の場を広げた立川・府中アスレティック FC(フットボールクラブ)。地域の誇りとなるクラブチームを目指し、アリーナ立川立飛で、ホームゲームを開催するとともに、F リーグのトップを狙います。© Fuchu AFC

府中から立川にやってきました
皆さんサポート
よろしくお願いします!

皆本晃(みなもと あきら)選手

ゴールパフォーマンスの「皆本ポーズ」が話題になった皆本選手は、立川・府中アスレティック FC のキャプテンであり、フットサル日本代表キャプテンも務めるスタープレイヤー。スペインのクラブチームでの経験を活かしたリーダーシップと、得点につながる的確なプレーで多くのフットサルファンを魅了します。「人が想像できることは人が必ず実現できる」というポジティブな姿勢で F リーグ優勝を目指し、鋭意邁進中。

フットサル観戦の楽しみ方

フットサルは、サッカーの 1/9 のコートで 5 対 5 のプレイヤーが競技するので、ゲーム展開がとてもスピーディー。常にピンチやシュートシーンがあってスリル満点なところがおもしろいと思います。応援席とコートが近くて、接戦の迫力をリアルに体感できるのも、アリーナスポーツの良いところ。立川には素晴らしいアリーナがあるので、たくさんの方に観戦に来ていただき、声援を送ってもらえたら嬉しいですね。

© Fuchu AFC

立川・府中アスレについて

体が大きく力の強い選手が多いので、「どっしり」「パワフル!」というイメージがチームの伝統になっていますね。近年はスピード感が持ち味の若手選手も入ってきて、いい感じに雰囲気がミックスされているなと感じます。チームスローガンの「Flying High」(フライング ハイ)には、府中と立川という 2 つのホームタウンからの「飛躍」という意味を込めました。

© Fuchu AFC

エンブレムに意味

競馬のメッカである府中で生まれたチームなので、エンブレムは「馬」、イメージカラーもブラウンなんです。チームカラーがブラウンというのは世界的にも珍しいんですが、チームカラーをブラウンにしているスポーツチームには、サッカーの宮市亮選手が所属するドイツの FC ザンクトパウリがありますね。チームカラーにオリジナリティがある一方、ウェアやグッズなどのアイテムをブラウンで揃えるのが難しくて、スタッフはけっこう苦労しているみたいです(笑)

© Fuchu AFC

皆本選手おすすめ!
立川のテイクアウト

Adam’s awesome PIE(アダムス オーサムパイ)
趣味は美味しいハンバーガー屋さん巡り!

リンゴとアボガドが
入っているバーガーが
新鮮で美味しい!

休日の趣味は「美味しいハンバーガー屋さんを探すこと」という皆本選手に紹介していただいたのは、Adam’s awesomePIE(アダムス オーサムパイ)の Adamʼs(アダムス)ハンバーガー 1,280 円(税込)。青果店をルーツに持つお店ならではのこだわりがぎゅっと詰まったハンバーガーです。

※各店舗の都合により、掲載情報(営業時間・価格等)の変更がある場合がございます。
ご来店の際は直接店舗に営業時間の確認を行なっていただいた上でのご来店をお勧めいたします。

関連店舗