MENU
店舗紹介
立川アワード受賞 2020年 輝く個店(物販サービス業部門)

地元農家のとれたて野菜 のーかる

野菜・加工品販売

旬の新鮮野菜を食卓に届ける直売所

今回ご紹介するのは、立川駅南口からモノレール沿いに6分ほど歩いたところにある、採れたて野菜の直売所です。野菜以外に、お肉や烏骨鶏の卵、焼きいもの他、厳選された食材や調味料なども扱っているのだとか。それではさっそくまいりましょう。

かわいいロゴマークがついた看板とストライプのシェードが目印。軒先に並んだ野菜が鮮やかでなんて立派なんでしょう!

店内には三角のフラッグがかかっていたり、木箱に商品がディスプレイされているコーナーがあったり、「直売所」というよりも「マルシェ」と呼びたくなる雰囲気。気になるものがいっぱいで、わくわくします。

地元・立川市のとれたて野菜を中心に、立川市で採れていない野菜はご縁で繋がった全国の生産者さんから入荷。定番の野菜から珍しい品種の個性派まで、季節の「旬」が並びます。

野菜だけでなく、肉、ソーセージ、豆腐などの加工品だってあるんです。毎日の献立を考えるのは悩ましいものですが、どれも美味しそうで、買い物をするのがちょっと楽しくなりそうですね。

「私たちの目標は、楽しい食卓のお手伝いをすること、そして未来に農地を残すこと」と
話してくださった、店長の佐藤広樹(さとう ひろき)さん。お店のこと、商品のことをとても丁寧に伝えてくださる優しい笑顔が印象的でした。スタッフの河村美鈴(かわむらみすず)さん(写真左)と藤樫怜子(ふじかしれいこ)さん(写真右)。

 

「のーかる」がオープンしたのは2014年。立川南口の活性化を目指す「株式会社 まちづくり立川」が、農産物直売の「しゅんかしゅんか」などを営む「エマリコくにたち」に運営委託する形で事業がスタートしました。
その流通ノウハウは独自のもの。毎日自社の車で、直接農家さんを廻って集荷するため、約30軒の契約農家から集めた旬の野菜や卵など、常時20〜30種類の商品が新鮮な状態でお店に並ぶそうです。
ポップには生産地や生産者名はもちろん、おすすめの食べ方やこだわりポイントなども書いてあり、じっくりと読みたくなります。
「ここにあるのは、スーパーには並ばないような野菜や、生産者さんの想いが伝わる商品ばかり。地元野菜と果物から採れたての美味しさを、ぜひ一緒に感じていただきたいです」と佐藤さん。
コロナ禍で「おうちごはん」が見直されるようになった今は、本当に美味しくて栄養のある食事作りについて考えるチャンスなのかもしれません。

店舗基本情報

店舗名 地元農家のとれたて野菜 のーかる
住所 立川市柴崎町3-14-3
営業時間 11:00~19:00
定休日 日曜日
電話番号 042-512-5415
Webサイト https://www.facebook.com/tachikawa.norcal/

※国や都などの要請や各店舗の都合により、掲載情報(営業時間・価格等)の変更がある場合がございます。
ご来店の際は直接店舗に営業時間の確認を行なっていただいた上でのご来店をお勧めいたします。

アクセスマップ