MENU
店舗紹介
立川アワード受賞 2016 飲食業部門 準グランプリ

Lieu de commencer Nature
(リュドコマンセ ナチュール)
※受賞当時の場所は閉店しています。

ナチュラルフレンチ

和のエッセンスと野菜を融合させた、体にやさしいフレンチ

オープンして2年半にもかかわらず、大の人気を誇っているという噂のフレンチ。ランチタイム時に何度か通りかかったときは、セレブが優雅に食事を楽しむ高級なお店というイメージでした。さて、いったい、どんなお料理がいただけるのか、今回取材させていただきました。

料理の腕を振るうのは、ホテルミラコスタとパリで修行を重ねた若きシェフ五戸雄也さん(右)と、野菜ソムリエの資格を持つスーシェフの槇野純貴さん(左)。27歳と25歳のフレッシュなお二人です。

見た目もお味も格別なランチのスペシャルコース 3,500円(税別)。野菜はテリーヌだけで12~13種類を使用。コースでおよそ20~25種類の野菜を摂ることができます。美しいデザートはフロマージュブランのアイス。羽のような飾りに見えるのはメレンゲ。中にはフィナンシェ生地と食感を楽しむためのアーモンドが。「コース料理は最後の最後までエンタテインメントです」と五戸シェフ。

店内はゆったりとした空間。隣の席との間隔も広いので、大切な人との特別な日にもいいですね。普通のフランス料理店と違うのはフォークやナイフがズラリと並べられていない点。お箸の用意もあるので、マナーを気にせずリラックスして料理を楽しめます。

ほとんどの野菜は立川産。農家さんと契約し、毎日採れたての新鮮野菜を仕入れています。「農家さんあっての料理です」とシェフ。野菜だけでなく、盛り付けを引き立てるお花にもこだわっています。

白を基調とした、モダンでセンスのよい外観。体にやさしいと意味をこめた“Nature”の文字が印象的です。

クラシックスタイルではなく和のエッセンスを取り入れた食材を活かしたナチュラルフレンチ。食材や食器にも和のテイストが感じられます。たとえばフォアグラのソテーに西京味噌を取り入れたり、鮮魚のポアレに蟹味噌をつかったり、和の調味料も積極的に使用。脂質やバターを抑え、素材の味を大切にしているので、女性や高齢の方にとっては、胃もたれを気にせずいただけるのがうれしいですね。
「パリで学んだときに、日本ならではの食材のよさに改めて気づかされました」と五戸シェフ。無理にフランスに合わせなくてもいいと気づき、食材を活かした味つけや食感を大切にしているそう。「食材をまとめるというより、手をつながせるイメージでメニューを考え、調理しています」とのこと。今後もお客様の笑顔があふれるお店づくりと料理に力を注いでいきたいと語ってくださいました。

店舗基本情報

店舗名 Lieu de commencer Nature
(リュドコマンセ ナチュール)
※受賞当時の場所は閉店しています。
住所 立川市錦町3-1-3 第26クリスタルマンション1F
営業時間 *閉店しました
定休日 月曜日・その他月1日不定休有
電話番号 042-595-9742
Webサイト http://www.lieu-de-commencer.jp/

※各店舗の都合により、掲載情報(営業時間・価格等)の変更がある場合がございます。
ご来店の際は直接店舗に営業時間の確認を行なっていただいた上でのご来店をお勧めいたします。

アクセスマップ

関連特集